ジブリで英語学習まとめ

英会話学校で英語は身に付くか?@

私の答えは、YESであり、NOだとも思います。

まずはやる気

自己紹介でもお伝えしている通り、私自身、英会話学校に通っていました。しかしながら父親からは「人間の言語脳は、音感と同じで、子供の時を過ぎてしまうともう発達しない。だから、18歳から始めたってできるわけがない。」ともっともらしい理屈で全否定されたのを覚えています。

 

当時は現役での大学入試に失敗し、浪人生になろうとしていた頃で、とにかく時間はありました。バブル後の不景気が、父親の事業も直撃していたという家庭事情もあり、予備校代は出してもらえません。なので、アルバイトをして予備校の代わりに英会話学校に通う事を思いつきました。

 

家庭事情を嘆いていても仕方がないし、「大学」には行きたかったので、予備校をあきらめ、基本は自宅学習、同時に英会話学校に徹底的に通い、受験英語でも強みにする戦法をとることにしました。

 

身銭を切って学習をしたので、元を取らねばという思いと、クラスが一番下だったことへの不満、そして浪人生なのにバイトしている不安など、様々な思いが融合した結果、「絶対に英語は身につけてやる!!」というやる気だけは誰にも負けなかったと思います。

 

他の生徒さんの中には、親に無理やり通わされているという方もいらっしゃいましたが、そのほとんどが途中で見なくなりました。その人達からすれば、英会話学校で英語なんて身につかないということになるのでしょう。

 

 

次に学習の絶対量(学校以外でも・・・)

しかしながら、英会話学校で学ぶことは実はそんなに多くありません。はっきり言って、たかが1クラス40〜60分ぐらいでは、リスニング力もつきませんし、新しく出てきた英単語も1つや2つ覚えてみたところで、話すようにもなれるはずがありません。

 

結局英会話学校はアウトプットの場として利用するぐらいの方が良いと思います。自宅や通勤途中で覚えたフレーズを実際に使ってみる。結局このサイトのコンセプトでもありますが、英語は耳から聞いた言葉を丸暗記し、何度も音楽のように声に出して発音するのが、使える英語を覚える早道でした。

 

(なので、ジブリアニメで英語丸暗記をおススメしています。)

 

浪人中なのにバイト、英会話三昧。一日中英会話学校にいたり、帰ってきてからもテキストの復習や、映画を英語で観てみたりと自分なりの英語漬けの日々です。今思えばとても充実していた1年間だったことに気がつきます。

 

当時は将来の不安からくる恐怖に追いつかれないように、とにかく必死でした。そして1年後、晴れて大学生になった19歳の時にアメリカ、カナダに1か月旅行に行って英語力の修行を行ったという話を前の記事でもさせていただきました。

 

そして、どのくらい話せるようになったかと言えば・・・
非ネイティブ(フランス人とか、中国人、韓国人など)との会話はバッチリ。でも、ネイティブとの会話は疲れる。特にネイティブ同士の間に入って会話は大変。でした。

 

海外に出て英語ネイティブと話すと、まずその会話スピードに全くついていけません。日本で英語の先生が話す英語は、とてもゆっくり話してくれていた、きれいな英語を話してくれていたんだなぁということに気づかされます。

 

ここでいうきれいな英語とは、スラングの入っていない英語という意味です。特にアメリカの若者英語なんて、スラングばかり。映画である程度学んできたはずですが、やっぱり聞き取れない・・。

 

英会話学校で英語は身に付くか?A

スポンサーリンク

 
トップページ ジブリ英語総合ランキング 自己紹介と英語習得