短期留学で英語は話せるようになる?

英語の短期留学で英語を話せるようになるか?

このタイトルで記事を書いておきながら、実は自分は海外留学したことはありません!でも、某うさぎ英会話学校に通っていた時にたくさんの留学経験者と英語で話したことがありますが、残念ながら1か月や、3か月程度の留学で英語が話せるようになった人はほとんどいませんでした。

 

もちろん自己紹介や、朝昼晩のあいさつ、基本的な日常の言葉レベルぐらいなら身につけることが出来るようですが、さすがに少し込み入った内容になるとなかなか言葉は出てきません。

 

 

やっぱり留学はおススメ

では、短期留学は全くの無駄なのかというと、そうではありません!

 

留学することにより、「度胸」「自信」「リスニング力」が大幅に向上できると思うからです。特に英語に興味がある若者には刺激的でとても良いと思います。海外の英語文化に直接触れることで、味わえる本当の英語の感覚

 

ホームステイ先などによっては、必ずしもいいことばかりでもないようですけれど、それも含めて、全部が英語の世界です。店での買い物や、公園やら案内、看板全て英語という当たり前の事実もすべて新鮮で、ホームシックにもめげずに1ヵ月ホームステイした後での帰国時には、とても良い経験になるはずです。

 

 

英語では直接どんどん意思表示をしないと伝わらない・・・

自分が初めて海外旅行に出かけたのは、19歳の時でした。某うさぎ英会話学校で学んで、1年半が経過した頃に、「自分の英語がどのくらい通じるのかを試す武者修行に出よう」と思い立ち、両親の心配をよそにアメリカとカナダを1か月間一人旅しました。

 

その旅中の、たしかカナダのモントリオールのユースホステルだったと記憶していますが、その日は1部屋に2階建てベットが5〜6個ある所に泊まっていました。自分はそのうちの1つの2階で寝ていたのですが、下のベットのフランス人が隣の部屋の人と大声でしゃべっていて、夜遅くなってもいっこうに静かにしようとしません。

 

しばらくは自分も我慢していましたが、一人旅の疲れといらだちもあり、1時間ぐらい我慢したところで、若干怒り気味に「人の迷惑を考えろ、こっちは眠いんだ」ということを伝えると、驚いた顔をしながら、「なんで今まで黙っていたんだ?早く言ってくれればよかったのに」だって。

 

結局翌日からはそのフランス人とも仲良くなり(?)フランス人の女の子2人を誘ってご飯を食べに行ったんですが、あまりかわいくない子の方を押し付けられるという落ちがついていました。数合わせか・・・

 

遠慮をしたり、以心伝心で相手に対する気遣いを求めるのは、そもそも日本文化だったようです。日本では美徳であっても、海外では通じないことの方が多いものです。それどころか、何を考えているかわからないとか言われてしまう。英語では、思っていることをはっきり表現しなければ、伝わらない。そういう失敗体験を積むことによって、度胸と自信も養われていくのかもしれません。

スポンサーリンク

 
トップページ ジブリ英語総合ランキング 自己紹介と英語習得