ジブリで英語学習まとめ

酔っぱらうと英語がうまくなるというのは本当か?

英会話を学習している人で、「酔っているときに英会話が弾んだ」という経験をした人はいませんでしょうか?普通、英会話学校では先生と外で出あうことは禁止されていますが、それでも仲良くなった先生たちと飲みに行ったりすることがあります。その際に、今まではなかなか出てこなかった英語が、妙にペラペラと話せてしまうという現象がこれです。

 

これは自分も経験したことがあるので実感がありますが、「余計なことを考えなくなる」から起こります。具体的に言えば、アルコールにより「あ、これは過去形にしなければ」とか「この英単語の正しい発音はってこれでいいんだっけ?」とか、文法的に難しく、普段慣れていないようなことは考えられなくなりますが、その半面で精神的に解放され、ボディーランゲージとか、知っている英単語を総動員して(ある意味適当に)おしゃべりしやすくなるからです。

 

つまりは、話している本人の気分の問題で、実際にうまくなっているわけではありません。むしろ、その内容についてはめちゃくちゃな可能性もあるので、大事な話をするような場合には当然、アルコールは控えた方が良いことになります。

 

それでも、照れや羞恥心から英語を話すことにまだ抵抗がある頃は、お酒を飲んで英会話も悪くありません。本当は英語力があるのに、シャイで普段はあまり話せないような方は、お酒の力により、爆発的に英語がペラペラになることもありますので。

 

世界の中で日本人は、勉強している割には英語力が低いと言われてしまうことがありますが、話す前に考えすぎて単に尻込みをしているだけの人も多いのではないかと考えています。

 

ジブリ映画での英語習得がおススメです!

スポンサーリンク

 
トップページ ジブリ英語総合ランキング 自己紹介と英語習得