ジブリで英語学習まとめ

Greetings/あいさつの英語(初対面編)

前回の挨拶英語の続きです。
今回は初対面のあいさつでよく聞くフレーズを集めてみました。

 

 

Pleased to meet you.
よろしくお願いします(イギリスに多い)

 

Nice to meet you.
はじめまして(アメリカ、カナダに多い)

 

Good to meet you.
はじめまして

 

Happy to meet you.
会えてうれしいです。

 

Glad to meet you.
お会いできてうれしいです。

 

It's a pleasure to meet you.
お会いできて嬉しいです。

 

It's an honor to meet you.
お会いできて光栄です。

 

How are you(doing)?
お元気ですか?

 

 

How do you do?
ご機嫌いかがですか?

 

学校で習う『あいさつ英語の定番』ですが、なんと会話ではほとんど使われません!!
理由は、初対面の日本人に「ご機嫌いかがですか?」とはあまり言わないのと同じです。

 

英語あいさつmeetとseeの違い

 

上記英語あいさつのほとんどのフレーズで、
『会う』を表現するmeetが使われています。

 

このmeetの代わりに『会う/見る』を
表現する英語のsee もよく耳にします。

 

しかしながら、こちら場合は若干ニュアンスが異なりますので

 

使うときは区別しましょう。

 

Nice to see you.
はじめまして
(また)会えてうれしいです、になります。

 

meet初めて会う感覚の時に使われるのに対し、
seeはすでに知り合いである人に用いられます。

 

日本人がよくやってしまう失敗の一つに、
すでに会った事のある人にもNice to meet you.
と言ってしまうことですが、

 

これは相手からすれば「俺のこと覚えていないのか?」
となるので、失礼な印象を与えてしまいます。

 

大切なので繰り返しますが、Nice to meet you.は一度だけ。 
あとは、Nice to see you.を使いましょう。

 

ジブリアニメでも見つけてみましょう!

スポンサーリンク

 
トップページ ジブリ英語総合ランキング 自己紹介と英語習得