パンダコパンダで英語学習まとめ

パンダコパンダ/Panda!Go,Panda!

パンダコパンダコパンダ♪が頭から離れなくなります・・・

 

 

 


言語:日本語、英語
字幕:日・英
画像サイズ:スタンダード

 

知る人ぞ知る、高畑勲、宮崎駿監督がまだ無名だったころの作品です。
今では巨匠となられたお二人が今なお一番大切な作品だそうです。

 

「トトロの原点」とも言われていますね。
なぜ、宮崎監督がすごいと呼ばれるのかが、この一見平凡に思えるアニメに答えが出ていると思います。

 

このほのぼの感は半端ではありません!
主人公のミミコちゃんが、いい子すぎて、子供を持つ親としてなんだか泣けます!

 

ここでの、いい子というのは、明るいことばかりでもない大人世界の出来事に、
明るく楽しく、勇気を持って歩んでいく姿勢です。
自分の子供も、こんな風に育っていってほしいなと思うんですよね。

 

特に宮崎アニメに共通したこの感情です。
魔女の宅急便のキキのような、前向きさを持った主人公。

 

しばらくは、水森アドさんの歌が頭から離れないかもしれませんので、ご注意を。
「パンダコ パンダコ パンダ。 パンダコ パンダコ パンダ」

 

子供を持つ親として、ぜひとも子供と一緒に見ていただきたいアニメです。
英語でも聴けましたので、こちらに入れさせていただきました。

 

クローズドキャプションがないので、英語字幕と英語セリフが一致していませんが、
子供の英語なので、トトロ以上に聴き取りやすいです。

 

2つあるストーリーもそれぞれ30分ぐらいなので、子供と一緒に気軽にみる
英語としてよいですが、セリフは早いです。

 

内容詳細

監督:高畑 勲
脚本:宮崎 駿
音楽:佐藤 允彦
制作:東京ムービー
販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
主題歌:「ミミちゃんとパンダ・コパンダ」 水森 亜土
公開:パンダコパンダ 1972年12月17日/雨ふりサーカスの巻 1973年3月17日
時間:34分/38分

 

 

 

関連商品

  
       アニメ絵本
       (日本語版)


 
トップページ ジブリ英語総合ランキング 自己紹介と英語習得